INADA Group INADA STONE CO.
サイトマップ
HOME > お墓の無料相談室 > お墓のQ&A
お墓のQ&A お墓ができるまで
お墓相談 お墓のQ&A
よくいただくご質問をあつめました
実際にお墓を建てる際に、よくいただく質問を下記に上げさせていただきました。どうぞお墓を購入するときのご参考にしてください。
また、他にも分からない事、不安なことがございましたら、お気軽に弊社無料お墓相談室にご相談ください。経験豊かなスタッフが丁寧にお答えいたします。
お墓イメージ
Q&A
Q1 お墓を移転させることはできますか?
Q2 生前にお墓は立てられますか?
Q3 どんなデザインのお墓でもできますか?
Q4 跡取がいませんが、お墓はたてられますか?
Q5 霊園とお寺の違いはなんですか?
Q6 石材店の選び方を教えて下さい。
Q7 お墓の値段はどのようにして決まるのでしょうか?
Q8 お墓を建てるにはどれくらいの期間がかかりますか?
Q9 墓石(石種)はどんなものがよいのでしょうか?
Q10 お墓選びのポイントは?
Q1 お墓を移転させることはできますか?
お墓の移転には、まず遺骨を移す手続きを行います。「改葬」といい、次のような手続きを行います。
(1)旧墓地の管理者に埋葬証明書を発行してもらう。
(2)受入れ証明書を移転先の墓地管理者からもらう。
(3)そして、その2つを旧墓地のある市区町村の戸籍係または市民課などに提出して、改葬許可証の交付を受け移転します。市区町村によっては、改葬申請書がありますのでそれに(1)(2)を書き込んでもらえば、改葬証明書が交付されるようになっています。
墓石を移転するには、まず移転先の墓地管理者に可能か否かを確認してください。可能であっても旧墓地と移転先の墓地の大きさの違いや墓石の状態によっては、無理がある場合もありますので、担当する石材店とよく相談しましょう。
TOP
Q2 生前にお墓は立てられますか?
お墓を立てるケースは肉親等が亡くなってから建てる場合と、生前に建てる場合があります。中国の故事にちなんで生前に建てることを「寿陵」と言って、縁起のいいものとすることがありますが、普通に行われています。但し、市町村等の経営する公営霊園の場合は、遺骨があることを墓地で使用できる条件にしている場合があります。
TOP
Q3 どんなデザインのお墓でもできますか?
近年、洋風スタイルのものや楽器をモチーフにしたものなど、個人の個性を生かしたデザインのお墓が増えております。イナダでは信頼性ある高い技術を使い、お客様、職人と相談しながら、よりご希望にそったデザインのお墓をご提供させていただくことができます。(※石材のため、デザインにより対応できない場合もあります。)ただし、建てようとする墓地によって管理規定でお墓の寸法や形についての条件がある場合もございますので、そちらもご確認ください。
TOP
Q4 跡取がいませんが、お墓はたてられますか?
墓地によって建てられる場合と建てられない場合があります。建てられない場合は、将来無縁になることが明らかなことで、遺骨や墓石の管理が出来なくなることがその理由になります。建てられる場合は墓地の扱いについて明記されていて、墓地の管理者と使用者の間で合意されている場合です。最近は、継承者がいないことを前提とした「永代供代墓」を備えてある墓地が多くなりましたので、そうした墓地を使用するのも一つの選択です。
TOP
Q5 霊園とお寺の違いはなんですか?
「霊園」は宗旨・宗派を問わない墓地です。従って儀式、法要の方法や手記は、原則として使用者の判断で行います。「寺墓地」はお寺の檀徒になって、初めて使用できる墓地です。従って墓地に関る儀式、法要については、そのお寺で定めた方法で行います。勿論、そのお寺以外の宗旨・宗派の儀式、法要は行えません。墓地の使用料や管理料については、必ずしもどちらが高いか安いかは一概にいえませんが、一般的に寺墓地をはじめて申し込む際は、檀徒となる手続きを先に行って入檀料を支払った上で、墓地の使用手続きに入ります。
TOP
Q6 石材店の選び方を教えて下さい。
下記の点に注目して判断しましょう。
(1)墓石工事についてきちんとした見積書が出せること。
基礎工事・墓石・外柵・カロート(納骨室)・字彫・・・といった項目毎に明確に記載され、納期、石種といったこともはっきり書かれていること。
(2)対応が丁寧で親切であること。
どんな質問にも嫌な顔をせず、しっかり答えられること。
(3)墓石のことだけでなく、納骨や法要の作法にも詳しいこと。
(4)アフターサービス(建立後保証)がしっかりしていること。
(5)実際、顧客となった人の評判がいいこと。
TOP
Q7 お墓の値段はどのようにして決まるのでしょうか?
主に、次の要素から決まります。
(1)石種・・・国産材、外国材様々な石種があり、意恩の種類によっては単価は異なります。
(2)大きさ・・・使用する石の量によっては異なります。一塊の石の体積が一定以上に大きいと割増がつく場合があります。
(3)加工・・・複雑な加工が多い程、高くなります。
(4)工事費(基礎含)・・・軟弱な地盤や足場の悪い地形などに建てる場合は、工事費が割増になります。
(5)字彫・・・字彫の数量、大きさによって、価格が変わります。
TOP
Q8 お墓を建てるにはどれくらいの期間がかかりますか?
10平方メートル以内程度の墓地では通常1ヶ月程度です。
TOP
Q9 お墓石(石種)はどんなものがよいのでしょうか?
石種には一般的に御影石と呼ばれる花崗岩の他に、安山岩、閑緑岩等がありますが、基本的には、硬質で水を吸いにくい石種が風化にも強く、墓石に向いていると思われます。最近は、特に外国産の新しい石が増えていますが、実績があって評判の一定している石種を選ぶことが無難でしょう。
TOP
Q10 お墓選びのポイントは?
下記のポイントに注目して選びましょう。
(1)家から近いこと・・・やはりお墓参りに行くのは近いことが一番です。
(2)環境が整っていること・・・出来れば日当たりが良く、水はけも良くて、整備が行き届いた墓地を選びましょう。
(3)宗旨・宗派に合うこと・・・お墓を守っていく上で、宗旨・宗派にそぐわないところは避けましょう。
(4)値段が手ごろなこと・・・条件が合えば安いに越したことはないですね!
TOP
イナダグループご質問・お問い合わせ
Copyright (c) 2006 INADA STONE CO. All rights reserved.
イナダグループご質問・お問い合わせ